支える会の支援内容

1.「ひとりひとりの状況にあわせた公的支援策の紹介」

 失業によって収入を失った人が最低限の生活を営むことができるよう、職業訓練や生活保護などの支援制度があります。

あなたの置かれた状況やニーズによって、どのような制度が望ましく、利用可能なのかを紹介し、一緒に検討します。

2.「上から目線のお説教や指導じゃない対等な立場での相談」

 アドバイスが有難迷惑な「お説教」にならないよう対等な立場での相談を心がけています。あなたの前に立って引張る「指導」ではなく、横に立って後ろからそっと支えるように、あなたの意思をサポートします。

3.「スタッフ同行による不安の無い福祉窓口申請」

 本来、誰にでも認められるはずの福祉申請。しかし現実にはひとりで申請に行くと「まだ若いのだから仕事を探せ」等と言われ追い返されてしまうことも。そんな窓口対応を防ぐためにスタッフがあなたの申請に同行します。

4.「福祉受給者への人権侵害を許さない行政との交渉支援」

 生活保護を司る行政などの福祉担当者は、しばしば受給者を見下し、辞退の強要や暴言など違法・不当な行為を行うことがあります。

こうした際には受給者の立場と法の主旨に寄り添い、あなたの行政との交渉を支援します。

5.「幅広いネットワークによる多様な支援へ」

 本会単独では解決が難しい問題も、県内の支援団体や専門家を紹介し、

協力して対応します。

 

ご紹介できる団体等

★仕事探しの支援や履歴書の書き方・面接の助言を受けたい⇒キャリア・コンサルタント

★借金の整理や闇金への対応を相談したい⇒弁護士・司法書士

★鬱病や統合失調症です。支援グループや同じ境遇の仲間と知り合いたい⇒精神障害者の自立支援グループ

★そもそも解雇に納得がいかない。未払い賃金を取り戻したい⇒個人加盟できる労働組合

 

★本会では原則として金銭の給付・貸与は行っていません